読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.3.3

映画を観た。「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」です。かなり面白かった。

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 世界の運命は、解読不可能と言われた暗号に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 英国政府が50年以上隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは――?!

詳細;イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 - Wikipedia

アラン・チューリング - Wikipedia

・タイトル

The Imitation Game (「模倣ゲーム」) という題名は、『計算する機械と知性』と題された1950年の論文においてチューリングが考案したテストの名前に因んでいる。論文は次のように始まる。「私は『機械は思考できるか』という問題を検討することを提案する。そのためには、まず『機械』と『思考』という言葉の定義から始めなくてはならない」

・映画内でアランは解読機にクリストファーと名付けていたがBombe - Wikipediaと出ている。

コーネル・ヒュー・オドネル・アレグザンダー - Wikipediaジョーン・クラーク - Wikipedia

Ultra - Wikipediaエニグマ (暗号機) - Wikipedia

・コンピュータの原型を作ったというと、ジョン・フォン・ノイマンを思い浮かべがち(というかそれしか知らなかった)。調べると他にクロード・シャノンという人もいるらしい。

wikiを読んでも全然仕組みが理解できなかった。数学者ってすごい