読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.2.3

 今日は2年ぶりくらいにシーシャに行った。前回行った時、ちょうど献血が終わった後にいったらものの見事に酸欠(多分一酸化炭素中毒)になりぶっ倒れパイプを壊してしまい、そこから恥ずかしくて行っていない。店の名と内装が変わってた。前のマスターは下北沢に行ったらしい。2年前行った時は物珍しさとタバコのカッコよさが相まって悦に浸って良いなぁなんて感じたりしたけど、今日行ったら全然良さが分からなかった。最近の俺は健康志向なのであまりそういったものを受け付ける身体(というよりは精神)になっていないというのもあるが、そういうものだと思う。

 「アメリカン・サイコ」という映画を観た。社会的ステータスや身形、センスの高さを見せつける事に囚われた主人公が、自分の殺人衝動を抑えきれず……、という話。しかし周りも主人公同様他人に興味がなく、主人公が良心の呵責から自分が殺人を犯したことを弁護士に打ち明けるが、誰も殺された相手の顔を覚えておらず、事件は未解決のまま、つまりは殺人犯の主人公は逮捕されぬまま終わる、という難解な映画だった。解説サイトをいくつか読んだのだけれども、俺には一度ではよく分からなかった。主題は人々の無関心さ、というものらしい。

  俺は以前、この日記以外にもブログを書いていたことがあって、多分自分をよく見せようというのが強かったそれは全然続かなかった。今読み返したら発狂するほど恥ずかしくなる様な文章です。それを書いていた時に同期に「ブログって何の意味があるの?誰かに見せるためだけでしょ?日記書くなら日記でよくない?」と言われて返答に窮したことがある。今であれば「そうかもね」くらいで流せるかもしれないが、その時は自分の中にそういう欲求があることがとても恥ずかしくて、認められなかったな。今はあまりよく見せようとか思ってはいない(多分思っていないと思います)し、それでも誰かに見て欲しいから、続いている気がする。