読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.1.1

 2017年です。平成29年。

俺は1993年生まれだから、酉年で年男になる。帰省したら破魔矢を貰った。破魔矢はどう飾ったらいいか調べるとその年の凶の方角に矢先を向けると良い、と書いてあったのでそうしてみる。

 年男自体に吉凶の意味合いは無いようだが、俺は数え年で25歳、本厄になる。前々から気になっていたことなので、明けて「おめでとう」とは素直に言い難い。「自分が厄に入ったからといって不安に感じたり委縮する必要はまったくありません。信心深い人も、そうでない人も、ただ一度立ち止まり、自分や周囲を見つめなおしてみてください。厄年は、その後の自分自身の人生をより良くするための、必要なプロセスととらえるといいでしょう」(http://mzstyle.net/yakudoshi.html)なんて自己啓発めいた文も見つけた。とりあえず本当に健康には気をつけたいです。あと落ち着いた行動を心掛けたい。

 

・ロボットリストラ

 今日見たテレビで乙武さんが「~~、AIでより一層仕事も減っていくでしょう?~~」と言っていた。大学の講義中に先生も言っていたな。曰く診断学はなくなるとか。知人は「AIが導入されても処理できる仕事量が増えるだけで、失業とかそういうのはないと思う」と言っていた。けれど最近こんなニュースもあった。

 浦沢直樹PLUTOで「ロボットリストラ」という言葉が出てくる。ファンタジー作品だけど「チャーリーとチョコレート工場」でも主人公の父親がロボット導入のせいでリストラされてたな。正直不安でしかない。映画「トランセンデンス」では、「反AI」のテロ組織がでてきたけど、実際にそういう組織が生まれたり(あるいは存在したり)するのかな。でも技術の発展でSFの世界が現実になるのは見てみたかったりする。

 ちなみに同じ意味で「テクノ失業」という言葉があるらしい。なんかカッコいい。