読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.8.11

 頭の良さというものを考える。学習能力だったり記憶力だったり、咄嗟の回転の速さ、機転の良さだったり様々な意味合いで使われる事が多い言葉だろうけど、俺の考える頭の良し悪しは、その人が魅力的であるかどうかが大きい。無論例外もあるが。

  大学一年生の頃を思い出してた。軽い報連相もできず、周りに迷惑かけてばっかりだったな。今もか。しっかり内省して何故・どこが、を考えておかないと、同じミスを犯してしまう。気をつけたい。

  昨年から読んでた本がようやく読み終わった。「デカルトの誤り」です。第3部は、著者が仮設する「ソマティック・マーカー説」についてだった。我々が行動に際し無制限に呈されるオプションを、身体的・情動的なマークにより絞り込んでいる、といったものだった。気が向いたときに要約してみようと思う。