読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.3.28

 今年最後だと思いたいですが、雪が降りました。ちょうど前日にタイヤを替えたのでげんなりしてる。やはり4月下旬まで粘ったほうが良かったのか。

 例年の事ながら新潟の春は全く春らしくない。俺が入学した年は雪がまだ残っていた。どこぞのJPOPの歌詞みたいに卒業シーズンで桜が舞うのを見たことがない。

 今日は久しぶりに泳いだ。多分2ヶ月ぶり。メニューとか考えずただ泳いでいた。俺は出不精で映画とか漫画読んだりするのが勿論楽だし好きだけど、やっぱり人間には運動が必要だと思う。

2017.3.23

 生活リズムが終わってる。大体4時くらいに寝る、あまり眠れている気がしない。

俺のブログの更新頻度は大体5日に一回を目安にしようと思っていたのだけれど前回から随分間が空いてしまった。というのも書く事に迷っていたので。

 最近気づいたことがある。俺は人と遊んだり話したりして楽しかったことは意図的にSNSだのブログだのにあまり残さないようにしていて、逆に楽しくなかったり残念だったりまぁどうでもいい事・忘れてもいいことを残すようにしていたら、思い出すのがその瑣末な事ばかりになってしまったのです。

 どうでもよくないことを書く。バズマザーズの新譜と模造クリスタルの漫画本を買った。妹の卒業式に行った。サークルの先輩方の送別会に出た。東京でレジナビとオフ会もしました。

 どうでもいいことも。なんでも買える魔法のカードを使ったら今月の引き落としが13万になるらしい(^-^)/

 

2017.3.13

  気付けば春休みも後2週間そこらで終わりそうです。俺は長期休暇中は虚無に陥りやすいタイプなので早く終わって欲しいと思う。毎日学校なり何なりあった方が楽しい。同じような事を以前も書いた記憶がある。つまりは計画を立てるのが下手。自分だけがただ無味に時間を浪費しているという現実が受け入れがたいので最近大学の人達の投稿するSNSのポストをみていない。そんなもんです。

  こないだ成功者と言われる人達の習慣を統計的にまとめたみたいな本を読んだんだけど、曰く成功者はなるだけテレビを見ないとか。テレビをみるというのは受動的な行為だし、基本的にニュースは暗い内容だから、というのがその理由だそうで。考えは明るい方がいいらしい。ここでいう明るいというのは切り替えが上手、という意味だそうです。背と学歴は高い方が良く、容姿は良い方が成功し易くなる。カリスマ性は会話中の発言量に影響されるとのこと。惹きつけたければ内容問わずポンポン発言した方が良いとのこと。数をこなせば質も上がるそうで。確かに。ただこの本には成功者が定義されていなかったのだ。

  昨日はソーセージ・パーティをみた。某映画批評サイトで50点かそこらだったので、あまり期待してなかったけど面白かったですよ。くだらなかった。風刺が効いてる、とかそういうのは確かになかったけど、何だかハッピーツリーフレンズを思い出す。ああいう感じ。

  

2017.3.8

 今日は久しぶりに雪が降った。髪を切りに行った。髪型に性格が出るとのことで調べたら「髪型を頻繁に大きく変える人は自分自身が定まってない人で自身のことを把握できておらず、他人任せだったり気分によって大きい決断をする危険な要素がある」なんて一文をみつけてもにゃもにゃする。

 髪を切った後はカラオケにいった。その後TSUTAYAに行って漫画を借りた。ずっと趣味というものを考えていて、自分の中の趣味の定義は没頭できるかどうか、なんだけど、やっぱり俺の中で趣味と言えるのは漫画だな、と改めて思った。読んでる間は本当に時間を忘れられる。

 カルテットを観た。ドラマの中で満島ひかりが走るシーンが良かった。満島ひかり扮する人物はとある男に片思いをしていて、そんな時ピアノコンサートのチケットを渡される。しかし彼女は、その男が彼女とは別の女性を好きでいることを知っていて、彼にその人と行くようにとチケットを渡してしまう。コンサートの日に仕事で夜遅くまで働いてる彼女が、やっぱりどうも気になってコンサート会場まで走って行く……。感情が爆発して走るシーンが好きだから、すごいジーンと来た。

 

2017.3.3

映画を観た。「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」です。かなり面白かった。

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 世界の運命は、解読不可能と言われた暗号に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 英国政府が50年以上隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは――?!

詳細;イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 - Wikipedia

アラン・チューリング - Wikipedia

・タイトル

The Imitation Game (「模倣ゲーム」) という題名は、『計算する機械と知性』と題された1950年の論文においてチューリングが考案したテストの名前に因んでいる。論文は次のように始まる。「私は『機械は思考できるか』という問題を検討することを提案する。そのためには、まず『機械』と『思考』という言葉の定義から始めなくてはならない」

・映画内でアランは解読機にクリストファーと名付けていたがBombe - Wikipediaと出ている。

コーネル・ヒュー・オドネル・アレグザンダー - Wikipediaジョーン・クラーク - Wikipedia

Ultra - Wikipediaエニグマ (暗号機) - Wikipedia

・コンピュータの原型を作ったというと、ジョン・フォン・ノイマンを思い浮かべがち(というかそれしか知らなかった)。調べると他にクロード・シャノンという人もいるらしい。

wikiを読んでも全然仕組みが理解できなかった。数学者ってすごい

2017.2.28

 今日は快晴だった。もうすぐ春が来る。今日はこたつを片付けました。朝10時に目が覚めて夜までこたつでインターネットという悪循環で体力知能その他諸々が下降気味だったので、そこから抜け出すべく。ついでに模様替えもした。

 昔読んだ漫画だの文庫本だのが出てきてパラパラとめくってそういえばこんなの読んだな、と感傷に浸っていた(多分これは大掃除とかの醍醐味だと思う)。浪人時代に買った本が一番多くて、小説も多かったのですが新書、特に記憶術とか心理学系のジャンルが多かった。河合隼雄の「心の処方箋」だのがあって自分がどういう精神状態だったのかが知れる。また、その時はネトウヨだったので、麻生太郎の本も出てきた。

 ただ読んだ本で得た知識で、自分で取り出せそうなのは一つもなくて、何の為に読んだのやら…という感じで。でも太宰も「学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。」って言ってるし。

2017.2.25

 今日もダメな一日でした。自堕落が過ぎる。俺は暇だと性欲がくるタイプの人間なんだけど、今日は本当に外に出る気も勉強や運動をする気も起きなかったので中学生みたいにオナニーしてた。こたつとPCを捨てたい。

 

 

 春休みに入って一応ほぼ毎日ギターを練習してる。普通に楽しい。まぁ下手の横好きなんですが。練習の成果なりあと自分がどれくらい弾けてるか確かめたい部分があって、録っているのだけれど、録った直後に再生すると「なんだ、俺意外とやるじゃん」と思う訳ですがしばらくすると聴くに耐えなくなる。動画配信サイトでその弾いた曲の弾き語り動画を視聴したりもする訳です。やっぱりそんなセンスないな、と思う。ギターもそうですが、歌が。昔アイドルのプロデューサーがTwitterで「歌の上手さの8割は生まれ持っての才能」と言っていて何となくそれを実感してる。俺の声は基本的に鼻がかったこもった声質で、もにゃもにゃしてる。良い声に生まれたかったな。

 俺らは音のどういう性質をもって”良い声”と判断しているのかな。容姿ではシンメトリー(対称性が取れていると免疫が強いサイン)や性ホルモンの強さ(これも多いと免疫的に良いというサインらしいです)を現す形質で選んでいるらしいですが。例えば僕らが良い声と思う人のホルモン値は平均に比べて多いとか、そういう事があったりするのか。1/fゆらぎという言葉があるから波長(?)なのかな。